建設部

あらゆる建築物に対応する技術とノウハウ

建設部は、1958年に業務を開始。現在は総合建設業者として、一般および公共建築物、さらに橋梁などの公共土木工事も手がけています。
当事業部の特徴は、設計から施工、アフターケアまで自社で一貫して行えること。さらに、木造から鉄骨造まで、どんなタイプの建物にも対応出来る技術やノウハウを持っているので、完全自由設計の家を建てることが出来るのです。
なお、当社は住宅展示場を持っていませんが、希望するお客様に対しては、私たちが施工した物件の見学会を開催。実際に見ていただくことで、「吉田鉄工所が建てた家」の特徴などを知っていただくようにしています。
あらゆる家を作ることが出来る当社ですが、やはり最も得意とするのは、鉄骨を使った建築物。当社・鉄構部との連携によって、質の高い仕事を実践します。

建設部紹介

建設部ニュース

一覧を見る (外部ブログ)

住金システム建築とは

住金システム建築は「高耐震」「ローコスト」「短工期」の建築工法で多彩なメニューが用意されています。

  1. 平屋規格型システム建築の「ティオ」は工場、倉庫、店舗、運動施設向け大スパン工法です。
  2. 平屋・2階建ての自由設計型システム建築の「トレオ」は工場、店舗、事務所向けでラーメンブレース架構及び両方向ラーメンの2種類から選択します。
  3. 3~6階建ての中低層システム建築の「ラフィット」は事務所、マンション、学校、福祉施設向けでローコストの規格型とフレキシブルな設計の可能な自由設計型があります。

■高い耐震性能
高力ボルト接合を多用し、優れた耐震性能を実現しています。 阪神大震災 中越沖地震 東日本大震災でも構造被害は全くありませんでした。
■豊富な仕上材
屋根・外装材も意匠性・断熱性・防耐火性に優れた商品を数多く揃えています。
■環境にやさしい
使用鋼材量や掘削土量の削減、製品の輸送効率UPにより発生CO₂を抑制しています。
■ローコスト・短工期
システムのメリットを最大限に活かした提案をいたします。
■安心メンテナンス
法定点険は勿論のこと、突発の事故にも迅速に対応します。

(株)LIXIL『スーパーストロング構造体バリュー』とは

■スーパーストロング構造体バリューの「安心基準」その答えは
「耐震等級3」相当の設計検査にあります。 国土交通省が2000年に定めた耐震性能の最高等級であり、建築基準法の1.5倍の耐震性が『耐震等級3』なのです。 プランに関しては、耐力壁を最小限に収めることができ 大きな吹抜けで開放感あふれるリビングや オープンキッチンのある広いLDKなど 高い耐震性を保ちながら お好みのデザインを実現する事ができます。 地震に負けない 耐震補償付き住宅を 加盟店である当社が責任をもって施工致します。

有資格者・加入団体一覧

資格名 人数
監理技術者 10人
一級建築士 5人
一級建築施工管理技士 8人
一級土木施工管理技士 6人
団体名
群馬県建設業協会 会員
群馬県建築士会 会員
群馬県橋梁事業協同組合 会員
(株)住金システム建築 住金システム建築会 会員
JFE鋼板(株) JFEフレームキット取扱店
(株)LIXIL スーパーストロング構造体 加盟店
(株)日本住宅保証検査機構 届出事業者
群馬すてきな家づくり会 会員
トクラス(旧 YAMAHA)リフォームクラブ加盟店