技術と価値を追求することが使命

価値ある製品価値ある企業価値ある人生

これら3つを追求することを、私たちは経営の理念として掲げています。
顧客ニーズをしっかりと把握したクオリティーの高い製品を生み出すことによって、当社は顧客や社会から認められるようになる。そして、そうした製品づくりに携わった社員は自身の成長を感じ、人生における幸せをつかむことが出来る。
これが、3つの言葉に込められた想いです。社員一人ひとりは、成長する喜びを噛みしめながら、悔いのない人生を送って欲しいと願います。
また、私たちは「技術を極めること」を自らの使命とし、「飽くなき技術への挑戦」を実践していきます。そうした私たちの姿勢は、まさに「技術の道」=(technology road)を進むことであり、それを当社では「TECHROAD」と表現します。

  • 企業使命

    我が社は、先進技術に挑戦し、当社にしかできない“ものづくり”によって社会に貢献し、以て社員の幸せを実現する。

    我が社は、他者に負けないコア技術に挑戦する。また自動車・鉄骨・建設・エレベータ・通信など各業界にまたがる事業を有し、吉田鉄工所ならではの総合力を発揮して、価値ある製品をつくり価値ある企業を実現する。その結果として私たちの幸福が実現されるのです。

    注 : 企業使命とは、我社の目的、存在理由を表したものです。

  • コーポレートスローガン

    私たちの使命は「技術を極める」こと。「飽くなき技術への挑戦」です。正に「技術の道」と表現することができます。即ち、Technology の道 (Road)。それを我が社は TECHROAD と表現しました。これが私たちの生き方です。

  • 経営理念

    価値ある製品価値ある企業価値ある人生

    価値とは何でしょうか? 顧客は何を価値あるものと認めてくれるでしょうか? 顧客のニーズをしっかりと把握し、各プロセスでそれを作り込み、クオリティーの高い製品を実現する。その結果、企業として顧客や社会から認められる。また、人生における幸せは成功ではなく成長にあるのです。一人一人が悔いのない人生を、成長する喜びを噛みしめましょう。

  • 行動指針

    1. 現場第一主義   真実は現場にあり2. 社員としての誇り   信用を重んじ、責任のある行動を3. 仕事の完璧   目標を決め、期日内にやり遂げる4. 製造の三要素   より速く、より良く、より安く を旨に5. 継続的改善   技術は日進月歩、現状維持は後退である6. 健康な体を維持   安全作業に心がけ、五体満足で生涯を

    我が社の行動6原則です。この6原則を貫き通しているのが“徹底したムダの排除”です。常にこの原則に立ち、問題意識を持って仕事の改善につなげましょう。

  • 創業の精神

    何ごとにも謙虚さを忘れずに誠心誠意に努める

    創業者 吉田 勲(1915~1996年)が常日頃口にしていた言葉です。この精神は吉田鉄工所のDNAとなって、現在に引き継がれています。

  • 安全・環境・品質方針

    1. 品質方針   品質目標管理表とPDCAサイクルの徹底に  よって、不良ゼロを実現する。2. 安全方針   KY活動の推進によるゼロ災害の実現3. 環境方針   環境管理項目の徹底による環境負荷の低減

    我が社は、ISO9001、ISO14001の認証組織です。また、安全管理活動においても、ゼロ災害の実現に向けて不断の努力を行っております。
    ISOの「顧客重視」の理念に基づき、管理のポイントをしっかり順守・改善し、クオリティー(質)の高い企業の実現をめざしましょう。
    注 : ISO (国際標準化機構の英語略)

  • TYK(活動)

    技術の道 改善活動 基本活動 ISO

    我が社は、ISOを土台に、保全活動・5S活動・KY活動の基本活動による改善活動を積極的に推進しております。技術の道(技術革新)は“ものづくり企業”に欠かせない使命です。その実現は、“日々の改善”によるものと考えます。改善は終わりのないマラソンです。止まればすぐに追い越されるでしょう。